栄養と成分女性ホルモン様成分危険性男性が女性化?

イソフラボンの抗癌効果とは


イソフラボンには抗がん作用があるということが分かっています。
イソフラボンを多く含む食品は大豆や大豆製品などであり、それらを日常的に食生活の中で取り入れる習慣のあるアジア圏とそうでない西欧圏では、
実は乳がんや前立腺がんの発症率が4~5倍も違っているそうです。
しかも様々な研究によって、その関連性が言われており、イソフラボンの抗がん作用に注目が集まっています。

では、なぜイソフラボンががんの予防につながるのかというと、それにはいくつかの要因があります。
まずイソフラボンが女性ホルモン様物質であるということです。
女性ホルモンと同様の働きをするため、性ホルモンに関係しているがんの発生を抑制することができるのではないか、と考えられています。

また、イソフラボンの抗酸化作用もがんの抑制につながります。
がんの発生する際の要因として活性酸素がありますが、イソフラボンはこの活性酸素が体に及ぼす攻撃を防ぎ、がんが作られていくのを予防することができるそうです。
そしてその他にも、がんが形成されたり成長していく過程を邪魔したり抑制したりする数々の仕組みがあり、そうしたことが総合され、イソフラボンには抗がん作用があると
言われるようになっています。

しかし、そんなイソフラボンですが、サプリメントを過剰摂取すると健康に害を及ぼすことも分かっています。
通常の食事で大豆や大豆製品を取り入れる分には神経質になり過ぎることはないのですが、サプリメントで摂取しようという場合には、その目安量をきちんと守ることが大切です。
健康のために良いからといってどれだけとっても良いというわけではないのですね。

イソフラボンは上記のようにがんの予防におおいに役立つことが分かっていますから、日常の食生活の中でうまく取り入れて、がん予防に役立てていきたいものです。
既に病院にかかっている場合などにイソフラボンのサプリメント摂取などを希望する場合には、医師に相談してからにすると良いでしょう。

万が一に備えて生命保険や学資保険に加入してみてはいかがですか。 学資保険は子供の生命保険も兼ねるのでおすすめです・