栄養と成分女性ホルモン様成分危険性男性が女性化?

イソフラボンの適性摂取量とサプリメントの摂取上限


イソフラボンは女性にとって必要不可欠ともいえる成分ではありますが、その反面過剰摂取による悪影響も観察されているため、食品安全委員会によって
摂取上限が定められている成分でもあります。
その一日の摂取目安量は75ミリグラムが上限とされており、サプリメントを取り入れる場合には30ミリグラムを上限としてその他を食事から取り入れることを推奨しています。

イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをすることで、特に女性の美と健康に役立ちますが、その効果に注目してサプリメントなどを過剰に摂取するという
ケースが出てきてしまいました。
食事で自然にとっている分には何ら影響が無い場合であっても、サプリメントの形で摂取をしてしまうと研究によると健康被害が出ることが分かっています。
ですから、イソフラボンのサプリメントを取り入れるときには摂取目安量を守って取り入れることが大切です。
特に妊娠中や授乳中・子宮筋腫などの女性については、サプリメントの摂取自体が必要ないというふうにも言われています。
動物実験ではありますが胎児や乳児に悪影響が見られたという研究があることや、子宮筋腫の増大が考えられるといったケースがあるためです。

イソフラボン以外のサプリメントでもそうですが、過剰摂取は健康への害を及ぼすことが知られています。
栄養はバランス良く摂取することで体内で上手に働いていくものです。
その中でも特にイソフラボンについては研究により健康被害の出ることが確認されていますので、サプリメントの使用には特に注意しておかなければいけません。
イソフラボンを適切に摂取していれば健康にも美容にもとても役立つ成分です。
こわいのはサプリメントや特定保健用食品などを多用して過剰摂取してしまった時のことです。
健康に良いからといってそればかりになってしまうのではなく、何でもバランス良く取り入れることを心がけることが何よりも大切でしょう。