栄養と成分女性ホルモン様成分危険性男性が女性化?

イソフラボンの体毛減少効果とは


体つきの華奢な男性がいたり、体毛の濃い女性がいたりしますが、これはホルモンバランスによる影響です。
男性も女性も男性ホルモン・女性ホルモンを両方とも持っていて、そのバランスは個人個人によって違います。
そのため、こうした違いが出てくるというわけなんです。

しかし、女性にとって体毛が濃いというのはなかなか大きな悩みだと思います。
そこで役立てたいのがイソフラボンなんです。
イソフラボンは大豆や大豆製品に多く含まれている成分で、女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをすることが知られています。
そのため、イソフラボンを取り入れることで体毛を薄くすることができるのではないか?と考えられています。

イソフラボンは近年女性に注目されている成分ですが、それはこうした女性ホルモンと似た働きをすることによって、より女性らしくきれいな肌や髪を作ることができる
という点で注目されているのです。
そうしたより女性らしくしてくれる働きの中には、濃い体毛を薄くするということも含まれます。

こうしたイソフラボンは食べ物で取り入れるというのはもちろんですが、体毛への対策ということになりますと、ローションを塗るというのも効果的です。
豆乳ローションはもはやムダ毛対策の定番アイテムですが、これを使用した実験では確かに体毛が元の状態よりも薄く細くなることが分かっています。

そして嬉しいのは、イソフラボンの働きは体毛の悩みだけに留まらないということです。
というのもイソフラボンは取り入れることで様々な働きを期待することができます。
体毛を薄くするというのもそうですし、美白にも良い影響があることが分かっていますし、肌のキメも整えてくれます。
ですから、結果的に美容にトータルで働きかけてくれるということになります。

ただし、食べ物で取り入れるイソフラボンの分量には上限が定められていて1日に75ミリグラムと設定されています。
ただ多く取り入れれば良いのではなく、バランス良く取り入れることが求められています。