栄養と成分女性ホルモン様成分危険性男性が女性化?

イソフラボンと乳がんの関係


イソフラボンは体内で女性ホルモンと同じような働きをすることで知られていますが、それはただ単に足りない女性ホルモンを補うというだけでなく、
過剰になっている女性ホルモンを抑えるという働きもしています。
乳がんの原因の一つに女性ホルモンの過剰ということが考えられていますが、そうした場合、イソフラボンの摂取は乳がんの予防どころかより悪化させてしまうのではないか
という心配も出てきてしまいそうです。

しかし、イソフラボンは先にも言った通り、女性ホルモンが少ない場合にはその働きを補い、過剰な場合にはその働きを抑えることができますから、
もしも女性ホルモンの過剰で乳がんになってしまった場合であっても役に立つと考えられます。

また、実際に調査した結果、イソフラボンを含む食品を日常的に食べているアジア圏と、そうした食品を日常的に食べる習慣の無い欧米との乳がんの発症率を比較すると、
アジアよりも欧米の方が4~5倍も高いという結果が出ています。
それくらいイソフラボンは乳がんに対して有効に働くということが分かっているというわけです。
しかし、イソフラボンは女性ホルモン様物質などとも言われていますから、あまり多くとってはいけないのではないか?と考えてしまう方もいるようです。
こちらには乳がんについての他に大豆イソフラボンでエストロゲン効果等女性に嬉しい情報が沢山掲載されています。
通常の食品で取り入れる分には、それほどまでに摂取上限に神経質になる必要はないでしょう。

ただし、イソフラボンが良いからということでサプリメントを取り入れるときには少し注意が必要です。
というのも、サプリメントでイソフラボンをとった場合、過剰摂取になってしまうと逆に健康に害が及ぶことが分かっているからです。
ですから、そういった意味では気をつけて取り入れなければいけない成分とも言えるでしょう。

私たち日本人の食生活では、昔から自然とイソフラボンを取り入れられるような形になっています。
そのことが乳がんの予防にもつながっていますから、毎日の食事でしっかりと取り入れていけるように心がけることが大切でしょう。