栄養と成分女性ホルモン様成分危険性男性が女性化?

イソフラボンの男性ホルモン抑制効果とは


イソフラボンは女性ホルモン様物質と呼ばれています。
それはなぜかというと、体内で女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをしてくれるからなんです。
豆乳を飲むと女性らしい体つきになれる・肌がきれいになる・髪にツヤが出る、などといったことが言われていて、近年イソフラボンを豊富に含む豆乳が
女性の間で特に人気ですが、こういった美容効果は足りていなかったエストロゲンの働きをイソフラボンが補助してくれたことによって起こっているというわけです。

このような働きをするイソフラボンですが、男性ホルモンへの働きかけもまたエストロゲンと同様になります。
つまり、男性ホルモンの働きを抑制してくれるというわけです。
例えば女性の場合、男性ホルモンが気になるのは体毛が濃いというケースだと思います。
体毛は男性ホルモンによるものですから、男性ホルモンの分泌が多くなっていると体毛が濃くなってしまうというわけです。
そこでイソフラボンを多く含む豆乳や納豆や豆腐などを積極的に食べるようにすると、体毛が減少することがあると言われています。
また、ムダ毛対策の定番になっている豆乳ローションにもイソフラボンはもちろん含まれていますから、体毛への効果としては塗布しても同様に出るということになります。

男性の場合、男性ホルモンの働きが気になるのには、ハゲがあると思います。
これもまた男性ホルモンが非常に多い場合に発生するということがあります。
そのため、イソフラボンを取り入れて男性ホルモンを抑えるようにすると、育毛や発毛に効果的といったこともあるようです。
しかし、この場合に重要なのは、抜け毛や薄毛の原因がどこにあるのか?ということです。
実は男性ホルモン以外のところに原因があるということもあり、そうした場合にはイソフラボンでは対策にならないことも多々あります。

このようにイソフラボンは男性ホルモンを抑制する働きをすることで、男女ともに抱えてしまいがちなそれぞれのコンプレックスの解消に役立ってくれます。

↑のサイトには男性へのイソフラボンの効果はもちろん女性ホルモンについても詳しく掲載されています。是非お読みください。