栄養と成分女性ホルモン様成分危険性男性が女性化?

イソフラボンの種類


イソフラボンと一口に言っても実はそこには種類があることが分かっています。
それはグリコシド型イソフラボンとアグリコン型イソフラボンです。
この2種類のイソフラボンの大きな違いは体内での吸収のしやすさです。

アグリコン型の方がグリコシド型よりも吸収しやすいという利点があるのです。
それはなぜかというと、この2つのイソフラボンの形が違っていて、グリコシド型には糖がついているからです。
この糖がついている分だけ消化吸収されるまでに時間がかかってしまうため、グリコシド型は最終的に吸収されるのには腸内で酵素による分解がされなければいけません。
しかもこの酵素の働きというのには個人差があるため、グリコシド型のイソフラボンはよく吸収できる人とそうでない人に分かれてしまいます。

ではアグリコン型はどうかというと、糖が無い分消化吸収にかかる時間も手間も少なくてすみます。
そのため胃でスムーズに吸収されてしまうのです。
これなら誰でも同じように効率よく吸収することができますよね。

しかし、残念なことに多くの大豆製品に含まれているイソフラボンはグリコシド型です。
納豆も豆腐も豆乳もきなこも、どれも全て腸内で酵素によって分解されなければ吸収できないグリコシド型イソフラボンを含んでいるというわけです。
ではアグリコン型のイソフラボンは何に含まれているのかというと、それは味噌です。
味噌に含まれるイソフラボンはもともとついていた糖が麹菌の酵素で分解されてしまうので、そこでアグリコン型へと変化してしまいます。
そのため、非常に吸収しやすいイソフラボンになっているわけです。

バランスの良い食生活の中でイソフラボンをとっていくためには、様々な大豆製品を取り入れたいところですが、中でも味噌はとても優れていることが分かります。
ですから、毎日の食事でご飯と味噌汁を必ず食べるというのはイソフラボンの摂取という点から見てもとても効率的な方法と言えます。