栄養と成分女性ホルモン様成分危険性男性が女性化?

イソフラボンで男性は女性化する?


イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをすることで知られています。
そのため、女性にとっては不足しがちなエストロゲンの働きを補って美容や健康に役立つ成分として非常に注目されています。
では男性にとってはどうなのでしょうか?
女性ホルモンと似た働きをするからといって、イソフラボンを摂取した男性が女性化するといったことはまず考えられません。
というのも、通常の食事でイソフラボンを積極的に取り入れていたとしても、それは女性ホルモンの働きを補助するという程度のことであって、
女性ホルモンそのものではないからです。
つまり、女性がより女性らしく美しくなるためには有効に働いてくれるわけですが、男性が女性らしくなるほどの働きはしないということです。
それどころか、適度に摂取している分には男性にとっても健康に良い成分ですから、1日の摂取目安量75ミリグラムを参考に食事の中で上手に大豆や大豆製品を
取り入れていくと良いでしょう。

注意が必要なのは、イソフラボンのサプリメントを利用するような場合です。
サプリメントの服用については、摂取上限が定められています。
それは過剰摂取をすると健康被害が出ることが研究により分かっているからです。
男性の場合でも女性化するといったことは無いにしても、こうした健康被害には気をつけるべきでしょう。

サプリメントを取り入れる場合には1日で30ミリグラムまでにして、不足分は食事でとるようにすることが推奨されています。
どのような栄養成分であっても、それだけに偏って取り入れることは健康に問題をきたします。
たとえ良い働きをするものであっても、全体のバランスが保たれていなければ無意味なのです。
そうした意味では、サプリメントでイソフラボンを取ろうとするのではなく、毎日の食事で摂取できるようにしていくことを目指すべきでしょう。
そのように正しく摂取していれば、イソフラボンは男女ともに健康に良い影響を与えてくれるでしょうし、もちろん男性を女性化させてしまうようなことにはなりません。