栄養と成分女性ホルモン様成分危険性男性が女性化?

イソフラボン過剰摂取の副作用とは


イソフラボンには摂取する上限が定められています。
イソフラボンは大豆や大豆製品に多く含まれている成分で、私たちは日常の食生活の中でも自然とこれを取り入れています。
こうした食事の中で取り入れているイソフラボンについては特別副作用ということを考えることは無いでしょう。
ちょっと多く摂取してしまっていたとしても、通常の食事であれば自然と体外へ排出されていることがほとんどだからです。

しかし最近は、イソフラボンの持つ健康的な働きに注目が集まっており、サプリメントや特定保健用食品などで取り入れようという動きも多くなっています。
注意が必要なのはこうしたサプリメントを取り入れるときです。
研究ではイソフラボンのサプリメントを過剰摂取してしまうと、健康被害が出てしまうという結果が出ています。
その結果から、イソフラボンを安全にサプリメントで摂取できる上限は1日に75ミリグラムと定められています。
そして、理想としてはその半分を食事で取り入れて、サプリメントを利用するのは30ミリグラムまでに抑えるということを推奨しています。

また、イソフラボンの働きは女性ホルモンのエストロゲンに似ているとうこともあり、妊娠中や授乳中の女性にはサプリメントでの摂取を推奨していません。
これは胎児や乳児に対する影響が未知数で、しかも動物実験においては悪影響が見られたからです。
ホルモン感受性の強い傾向にある子宮内膜症の女性も、妊娠中や授乳中の女性と同様でサプリメントでのイソフラボンの摂取はしない方が無難でしょう。
イソフラボンの副作用は通常の食事で大豆や大豆製品を取り入れている分には、大した問題にはならない範囲のものです。

しかし、イソフラボンが注目されることによりサプリメントなどの利用が増えて、過剰摂取による健康被害が出るようになったことで摂取上限が定められるようになりました。
イソフラボンの副作用を考える時に気をつけたいのはサプリメントの利用の仕方であり、過剰摂取にならないよう目安量を守ることが大切です。
こちらにはイソフラボンの1日の摂取量等知っておきたい情報が沢山掲載されています。