k イソフラボンサプリメントの危険性
栄養と成分女性ホルモン様成分危険性男性が女性化?

イソフラボンサプリメントの危険性


イソフラボンは体内に入ると女性ホルモンの働きを補助してくれるということで、美容や健康に気を使っている女性を中心に注目を集めている成分です。
例えば、更年期障害の軽減や美肌・アンチエイジング・豊胸・がん予防など、様々な部分に役立つと言われています。
このような役立つ成分であれば、たくさんとりたい!と思う方も多いと思います。

しかし、イソフラボンに関していえばたくさんとればとるほど良いとも言い切れないのです。
特にサプリメントで摂取しようというような場合には、その上限が定められている成分でもあり、上限を超えて摂取し続けると逆に悪影響が出るということでも知られています。
イソフラボンは大豆や大豆製品などに特に多く含まれている成分で、こうした食品から自然に取り入れる分には、上限などに神経質になる必要はそれほどありません。
というのも、通常の食事の場合には多かった分は自然と排出されていると考えられているからです。

問題なのはサプリメントで摂取した場合で、この場合には上限を超えてしまうと悪影響が表れるという実験結果も出ています。
ですから、いくら良い成分だからといっていくらでもとっていいのかというとそういうわけでもなく、きちんと目安の分量を守るということが大切なのです。
イソフラボンの1日の摂取上限は75ミリグラムです。
そしてサプリメントを利用する場合の上限は30ミリグラム程度が適当と言われています。
つまり、あくまでも食事による摂取を中心において、足りない分をサプリメントで補うようにするのが良いという考え方というわけですね。

また、大抵のサプリメントには1日の目安量は何粒といった形で表示があるはずですから、それに従って利用するようにすると良いでしょう。
もし仮にそういった説明の無いサプリメントでしたら、利用を控えておいた方が懸命かもしれません。
イソフラボンは適切に取り入れると体にとって非常に良い効果をもたらしてくれますが、過剰に取り入れすぎてしまった場合には逆効果にもなりかねません。
サプリメントを利用する際には特に注意が必要です。
こちらのサイトにイソフラボンの男女別効果効能がかいてありますので良かったらご覧ください。