栄養と成分女性ホルモン様成分危険性男性が女性化?

イソフラボンと子宮筋腫の関係


子宮筋腫は子宮にできる良性腫瘍のことを指します。
特別な自覚症状が無いままに大きくなってしまうということもありますが、特別に問題がなければ手術もせずにそのままにしておくことが多いようです。
また、そのまま妊娠したとしてもほとんどの場合胎児に問題は無いそうです。
こうした子宮筋腫もまた、乳がんと同じように女性ホルモンが過剰になっていると発生しやすく成長も早いようです。
そのため、閉経になるまではできた子宮筋腫は必ず大きくなり続けますし、妊娠中にはその成長も早くなります。

そんな子宮筋腫への予防策としてイソフラボンの摂取が良いということが言われています。
イソフラボンは女性ホルモンが足りないときにはその働きを補い、過剰な場合にはその働きを抑制するようになります。
ですから、女性ホルモンが過剰なために子宮筋腫ができてしまったとうような場合であれば、女性ホルモンの働きを抑制してくれる可能性もあるということです。

ただし、こうしたホルモンの働きというのは非常に繊細なものですし、その働き方というのにも個人差があるものです。
ですから、素人判断でサプリメントを取り入れるというのはあまり良くないようですね。
実際に、イソフラボンのサプリメントを飲み始めたら急激に筋腫が大きくなってしまったというような例もあるようです。

大切なことは、イソフラボンの摂取を考えた方が良いのかそれとも現状維持で良いのか、きちんと主治医に相談してから決めることです。
症状や体質によってはイソフラボンが良い効果をもたらすこともあるでしょうし、その逆ということも考えられることでしょう。
子宮筋腫は女性ホルモンのバランスによってできる可能性のあるものということで、女性ホルモンと同じ働きをするイソフラボンがその予防などに役立つということも
充分考えられます。
しかし、中には逆に悪化してしまったといった例もありますから、自己判断だけで取り入れようとせず、きちんと医師に相談してから利用するというのが良いでしょう。